モバマスおじさんの日記

自分が生きた証を文字と写真で残したい。

楽しさを発見する力

30と数年を関東で過ごした。今こそ引っ越しのとき。
今、どこに引っ越そうかなって模索中。
少しずつ老いを感じる身体に、関東はちょっとだけ窮屈。肩がこる。友達ももうみんなばらばらになってしまったし。ラインではやりとりするけど遊ぶことはなくなったからこの土地に居座る理由がない。

 

俺は群馬埼玉東京神奈川を転々と。もう関東はいいかなって。
埼玉群馬は住みやすい。とくに群馬はバイクや車があれば最高に住みやすい。道路は太いしみんな運転マナー良いし。
でもつまらないんですよ。食べ物がなんもない。調理された美味しい飯はたくさんある。
30歳を過ごす土地ではないかなと。
で色々探してるとやっぱり目につく北海道。沖縄。
そんな体験記や移住記を読んではため息をつく日々。

 

そんななか気づいたのが、本当は楽しい土地なんてないのではないかと。
俺はずっと、その土地で楽しんでる人の記事を読んでむっちゃモンモンしてたけど答えはコレかなって。
その土地で楽しんでる人がいるだけ。
だから今の俺がそこにいってもこの気持ちは解決しない。きっと楽しくない。だって今いる土地で楽しさを見いだせてないから。どうやら俺は楽しさを発見する力がすごい弱い。

 

でも楽しさを発見する力といってもなあ…。
ってモンモンしながら地元を歩いてたら閃いた。
「楽しいところ」を探すのが悪いんだ。何年も住んだ土地に楽しいところなんて今更見つかるわけがない。だけど「自分だけの隠れ家的な場所」を探そうとしたら目の前の景色がガラッとかわった。
あそこで座ってソシャゲしてもいいな。あそこでノートパソコン広げられるんじゃないかな。アウトドア用の椅子、あそこにおいて一日中ダラダラできないかな。


転職をするまでもうちょっとだけこの土地で自分だけの隠れ家を探して楽しんでみたい。リラックスできる場所を求めて。ストレスフリーな人生を。